土佐蒲鉾、高知の蒲鉾屋ブログ

tosakama.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:板付蒲鉾( 2 )

1000年の伝統

類聚雑要抄図巻
「るいじゅうざつようしょうずかん」と読みます。
何かといいますと
平安時代後期頃に編纂された、宮中や摂関家で行われた儀式の時の宴席の様子や家具調度とその鋪設、装束などについて記録した4巻からなる有職故実書だそうです。
この図鑑には藤原忠実が永久3年(1115年)に転居祝いに宴会を開いた時の串を刺したかまぼこが載っています。
c0209123_14593737.gif
これが確認できる最古の文献上のかまぼこのようです。
なので業界では11月15日を蒲鉾の日としております。

11月15日といえば坂本龍馬の誕生日と命日では・・・ちがった?

もともとはナマズのすり身を竹に巻いてたみたいですね、その様子がガマの穂に似てて
ガマの穂は鉾に似てるから蒲鉾になったようですが、こりゃ今で言う竹輪ってやつですか?

1000年ですからねえ何せ、「あなた1000年前何してましたか」って聞かれても
覚えてませんよ普通。
昼に何食べたのかも時々忘れるのに。

覚えていられないほどの時間の流れの中で、進化を続けながら日本中へ広がっていった練り物たち。
あるものは蒸されあるものは焼かれ又あるものは揚げられ。
日々その形を変えながら伝えてきた歴史。
さあそこに又新たな1ページがドッドーン
千年の伝統を背負って旨蒲粉の登場!
おつむに日が入ったような・・・
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
ありがとうございます。
[PR]
by tosakama | 2010-08-06 13:56 | 板付蒲鉾

これが食えるか!

クレーム発生です。
魚の味がするとか魚臭いとか訳のわかんないクレームがたまぁにあって、その類かと思っていたら
とんでもない!
板蒲がボソボソ
駄目でしょこれは、どうした事よいったい

工場長曰く
「すり身の変化と蒸す温度との関係がうまくいかなかったみたい」

申し訳なさそうに言った、うまくいかなかった原因はさておき、なんでチェックできてないの不良品出荷しちゃいかんでしょうが!
全員集合、即チェック体制見直し
不良品は絶対に出荷しない!お金出して買ってくれたお客さんに不快な思いはさせない!
食品の製造業者なんだから、自分の仕事が人の生命に直接繋がることを肝に命じろ!
自分の仕事に責任と誇りを持て!(なんか自分自身に言い聞かせているような・・・

体に必要のないもの(味や食感を良くする為の添加物)は入れない
これが土佐蒲鉾の考え方なんですが、こんなことがあると、妙な添加物に頼りたくなるのもわからんでもないかなぁ・・・と(だって安定するんだもん)、後免ね不埒な行儀見習いで。
とにかく同じミスは繰り返さない。
肝に命じろぉクリックをひとつ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知(市)情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by tosakama | 2009-10-30 17:18 | 板付蒲鉾